新芽が出てきた春のお庭とガーデニング(2021年)

2021年、春のお庭の様子を写真でまとめました。
久しぶりにガーデニングの記事です(^-^*)。
春の花壇、カラーリーフとビオラ

●2021年4月24日 曇り 18℃/5℃

玄関前の植え込み。
昨年の秋に、玄関前の枕木花壇の植栽を一部変えました。
宿根草のナデシコを植えていたところ(枕木花壇の前面)を、1年草の花壇に変更して、ビオラとヒヤシンスを入れたので、玄関前が明るくなりました。
春のガーデニング、玄関前

それと、上の写真の左下にちょこっと写っていますが、野生のスミレ(タチツボスミレ)が大きくなり、春先に見応えがあるくらいの花付きになりました。
タチツボスミレの花

メインガーデンの奥の方。
右下にヒューケラの鉢植えを置いたので、こちらも色葉が明るい印象です。
奥の方はやっと芽が出てきたり、新葉が広がってきたところなので、まだ花は咲いていません。
咲く寸前なのは、ラミウムとフウロソウ黒花とハナダイコンとユキザサ辺りです。
春のお庭

同じ場所の2月11日の様子。
雪が積もりすぎでした(^^;)。
こんな凄い雪の下でも、耐寒性の高い植物達は生きています。
2月のお庭はまだ雪の中

道路側ガーデン。
メインの枕木花壇の植え込みは、ビオラが満開になったところです。
ヒヤシンスの花は大きく育ちすぎたので支柱を立てています。
そろそろシラーとジャーマンアイリスの蕾が上がり始めそうです。
春の花壇にヒヤシンスとビオラの花

同じ場所の3月14日の様子。
春直前の冬の名残がある花壇は、こんな感じで寂しいです。
この状態から40日で緑が増えたりビオラがかなり大きくなったのが判ります。
春直前の花壇、冬のなごり
道路側ガーデン、植え込み側。
木々の足元を飾る下草たちが綺麗に生えそろっています。
クロッカスはお花が終わったところで、その間々に入っているワイルドストロベリーは新葉が綺麗に生えそろい花も咲き始めました。
塀に沿って植えているラミウムは花穂が沢山上がっていて、この写真では見えづらいですがスミレも沢山咲いています。
通路の隙間に植えたアジュガとミヤマオダマキは花穂が上がり、そろそろ咲きそうです。
チョコベリーの木は、昨年の剪定を抑えめにしたので、今年はツボミが沢山付きました。
春の植え込み、下草の種類

奥の方、シェードガーデン。
今年はフサスグリの鉢を奥の通路途中に置くことにしました。
右側のヒトリシズカが咲き始めていますが、葉が開くのと花が咲くのが同時なので、まだ下の土が露出しています。
奥庭、日陰ガーデンの春の様子

それと今日、鉢植えの植え替え(鉢増し)も行いました。
左からアオキ、スファラルシア、見切れていますがスモークツリーです。
どれも根が回っていて大変でした。
特にスモークツリーは、昨年の春に花が咲いた後に水切れを起こして穂先の不稔花の軸(※けむりモクモク部分)を枯らしてしまい、せっかくのモクモクが台無しになりました。
中の根がギュウギュウになっていて水が回りづらい状態だったので、やっと助けてあげることができました。
鉢植えの植え替えを春に行う(スモークツリーの植え替え、スファラルシアの植え替え、アオキの植え替え)

ここしばらく記事をまとめられなかったので、今年は少しづつでも記事を上げていけたら良いなあと思っています(=゚ω゚)ノ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

スポンサードリンク

Blog内 記事カテゴリー

Profile

chokeberry
管理人@
チョコベリー
チャッペ
チャッペ
シャムネコ
マミ
マミ
はちわれ猫

QR code

QR

ランキング

ブログランキングに参加しています。

サブジャンルランキング:
ガーデニング:3位
サブジャンルランキングを見る>>